気持ちよさの違い

オレンジ整体院の佐藤です。

 

ここのブログを読まれている方の多くはマッサージを経験されていると思います。

 

マッサージ

 

「気持ちいい~」

「イタ気持ちいい~」

「ほぐれる~」

 

マッサージを受けるとそんな言葉も出てくるでしょう。

 

 

当院の整体(癒道整体)を受けられると多くの方は寝てしまいます。

そして起きると

「あ~気持ちよかった!楽になった!」

と言って頂けます。

 

いい目覚め

 

しかし同じ「気持ちいい」という表現ですが、実際内容は違います。

 

 

マッサージによる「気持ちいい」は

 

刺激による心地良さ

不快になる寸前までの強さの痛覚

つらい所に触れてもらえる安心感

ほぐされて緩む筋肉からのリラックス感

 

が主な感覚でしょう。

 

 

癒道整体によって得られる「気持ちいい」は

 

血液・リンパ・神経の流れの向上・改善

自律神経のバランス改善(緊張からリラックスへ)

骨格の歪みが取れて筋肉の余計な緊張の解放

そして不快感の解消

 

と言ったところでしょうか。

 

大雑把に言わせて頂くと、

マッサージは”痛覚や触覚”による気持ちよさ、

そして

癒道整体は”流れと弛緩”による気持ちよさ、

かなと思っています

 

 

目標としているところは同じかもしれませんが、アプローチは全く違います。

 

癒道整体は極力体に触れないで体のバランスを整えます。

 

整体

 

なのでマッサージが不得意であったり、カラダに触れられるのが苦手な方にはとても向いています。

お子様や体の弱い方、ご高齢舎にも適しています。

 

あまりにも刺激がなく、あっという間に終わってしまうので、

「えっ、こんなんで良くなるの?」

「これだけで体は変わるの?」

と思われるのが常です。

 

ですが、結果として喜んで頂けています。

でなければ調整をチョットして、その後15分何もしないでお休み頂くなんて出来ません(笑)

 

それではまた。